温熱療法高周波 ライズトロン


高周波温熱治療器『ライズトロン』とは


risetron01高周波エネルギーによる温熱治療はヨーロッパを中心にその研究・開発がおこなわれてきた歴史があります。
近年、電気メスやレーザーなどの技術開発と安全性に伴い高エネルギー治療分野が注目され、特にスポーツ医学の領域で高周波温熱治療法が取り入られています。
ライズトロンは従来の製品に比較して、人体の高周波エネルギー透過容量が大幅にアップしているので、深部組織への温熱効果が容易に得られます。
一方で、これまで問題となっていた皮膚表面でのホットスポット(皮膚への過剰発熱)はほとんど解消されました。
ライズトロンは対極板を使用しないプローブタイプなので、対極板使用による火傷などの合併症も生じません。この特殊なプローブは通電クリームなども必要なく(ランニングコストがかからない)、衣類の上から施術が可能であることも大きな特徴と言えます。


高周波温熱治療とは


risetron02ライズトロンは高周波領域である27.12MHzを使用していますので、プローブを当てた治療部位に理想的な温熱治療が施されます。
損傷部位に加熱がおこなわれることで、損傷組織内の細胞膜を刺激し、組織内のイオンの流れを正常化し、細胞電位お整える際にターゲット組織自体から発生するジュール熱により細胞の物質交換を促進し、組織の自然治癒力を向上させるといわれています。



詳細はご説明させて頂きます。まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL 092-593-4111

▲ページトップへ

物療機器一覧

テクノリンク ミナト医科学(株) 伊藤超短波(株) (株)日本メディックス OG技研(株) (株)大島製作所 (株)ウイン (株)チュウオー (株)オンパー商工 東京医研(株) (株)シラック・ジャパン (株)メディカ 酒井医療株式会社 株式会社タオ その他

健康機器一覧

その他一覧

中古医療機器に関する情報サイト