now loading

取り扱い商品
PRODUCTS

  • 物療機器一覧
  • 健康機器一覧
  • その他

SEDANTE neo

本物の治療を追求した、”プレミアム”パートナー”。

SEDANTE neo

より効果的な治療と使いやすさを求めて、患者さまとユーザーを繋ぐ「SEDANTE neo」が新しく登場しました。
治療は毛糸操作性という大きな2つの柱を見直し、「ハイスペック」と「コストパフォーマンス」を実現しました。
新たな電気刺激治療器をご提供いたします。

セダンテ ネオの治療モード

CAモードに新しく採用したマルチインパクトウェーブが新たな疼痛緩和治療の可能性を広げました。

治療モードの新機能

  • 深い揉みを体験できる極低頻度0.1pps~0.9pps(CAモード時)
  • 2極治療でもダイナミックな刺激を体験できるマルチインパクトウェーブ(CAモード時)
  • より柔らかい刺激を実現するための搬送周波数20,000Hz(CAモード時)
  • 変化の大きい刺激感を与えるためのポンピング出力変更機能(PAT.P)

CAモード

CAモード

マルチインパクトウェーブ
※イラストは電気刺激のイメージです。

CAモードは「Combined IFC Advanced Mode」の略で、異なる2つの搬送周波数(4極治療の場合)を結合させて生じるマルチインパクトウェーブにより、さまざまな症状の患者さまに対して、より効果的な治療が可能となるよう考えられた治療モードです。奥行きと広がりがある立体的な刺激を体感できます。

搬送周波数を高速にスイープさせることで、表層部と深層部への刺激を効果的に行います。変調波形によるビート成分が皮膚表層で刺激を感じ、それにより残存感の持続が期待できます。極低頻度周波数(0.1pps〜0.9pps)の採用によりゆっくりと深い揉みを体感できるよう、さらに力強い刺激を作り出す波形を採用しました。あたりは柔らかくも力強い刺激となります。

症状に応じた設定が可能なCAモードの多彩なパラメーター

  • 症状や治療部位にあわせて設定できる周波数帯域の組み合わせ

    • 高+中
    • 中+低
    • 高+中+低
  • 表層部から深層部への刺激を調整できる刺激強さの設定

    • マイルド
    • ソフト
    • ハード
  • ダイナミックに変化する飽きのこない刺激のためのランダム強度の設定

    • H1
    • H2
    • H3
  • 導師切替スイッチで立体的に体感できる6極干渉に変更可能

    • 4極(吸引)
    • 6極(吸引)
    • 4極(SHS)

CMモード

CMモード

交互刺激に適した「CMモード」

CMモードは「Combined Modulation Mode」の略で、2種類のモジュレーション波形が極間交互に刺激します。筋を揉みほぐしながら叩く感覚で、比較的刺激に慣れた患者さまに有効です。

ユーザーモード

治療モードのプログラムが可能な「ユーザーモード」
  • CAモード
  • CIモード
  • NMモード
  • P1
  • P2
  • P3

ユーザーモードはニーズに合った治療モードをプログラムし保存することができます。クリオスアンフィニにも搭載し好評を得たCIモードや干渉電流型低周波治療器の原点とも言えるNMモードやNMモードに含まれ筋再教育にも利用されるNMESなどを予めプログラムしておくことにより、すぐに呼び出し治療を行うことができます。

フラットカップ

フラットカップ

スクエアコード

絡みにくさを追求したスクエアコード

スクエアコード

スクエアコードと従来のホースコード

4本のホースコードを2列にまとめ、ホースコードの広がりを最小限に抑えました。ホースコード・カップ・導子トレーの3つを一体的に考え、取り扱いを考慮することによりスムーズで使いやすく治療を行うことができます。

ウイングトレー

置きやすく、整理しやすくなった翼型のウィングトレー

ウイングトレー

翼の形状をしたウイングトレー。

スクエアコード

2ヶ所の窪みが片側3本のスクエアコードを集約させます。

ウイングトレーの2ヶ所の窪みが片側3本のホースコードを集約させ、収納をスッキリさせます。導子トレー下部にハンガーを設置することにより、スクエアコードが床に垂れるのを防ぎ、衛生面にも配慮しました。更にキャスタへの巻き込みも防ぎます。

操作性

視認性/取扱やすさに配慮しました

操作性1
操作性2
操作性3

誤動作を防ぐために電流レベルメータ、タイマ、出力ボリュームの縦のラインを強調し、カラーリングによる識別をしています。 使用頻度の少ないスイッチはパネルカバー内に納め、不意な操作で誤った設定になるのを防ぎます。

導子組み合わせ

導子組み合わせ

仕様

寸法(mm) 538W x 510D x 1.295H
質量 56㎏
電源電圧 AC100V 50/60Hz
消費電力 380VA
電撃保護形式 クラスⅠ機器、BF形
認証番号 226AIBZX00048000
一般的名称 低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器
販売名 セダンテ ネオ
JMDNコード 70620000
クラス分類 管理医療機器 特定保守管理医療機器

ルティーナ

ハイブリット通電、16チャンネル低周波治療器


治療のバリエーション
電気刺激の出力波形は低周波、中周波、低周波と中周波融合のハイブリッドの3種類、通電モードは、ミックス、低頻度、高頻度、低+高頻度、1/fの5種類を搭載し、治療のバリエーションが豊富です。

多チャンネル仕様
患者様を待たせることなく治療できる多チャンネル仕様で、一度に最大16人まで治療することが可能です。

フレアパッド導子の誕生
改良点

  • 導子側面にデザインされたベルト用のくぼみでベルトが固定され、導子の位置がずれにくくなりました。
  • 衛生面を配慮し、導子を導電極との一体構造にすることにより、導子内部で雑菌が繁殖する箇所を大幅に少なくしました。
  • 導子のリングマーカーによりチャンネルの識別が容易になりました。
  • 導子そのものが薄く、柔らかくなり、患部にフィットしやすくなりました。
  • 導子の軽量化と付根部分の蛇腹機能で、負荷の分散によるケーブルの耐久性がアップしました。

クリオス アンフィニ

新採用「3次元ゆらぎ振動波」

中周波、干渉波、NMES(筋力トレーニング)などの多目的な治療をスリムボディに集約して、操作性と体感、治療後の残存感維持の向上を図りました。

「3次元ゆらぎ振動波」を新採用したアンフィニモードを始めとする新しいモードの数々はP-MFCのポテンシャルを最大に引き出し、多様化するニーズにきめ細かく応えられるパフォーマンスを実現します。


(さらに…)

セダンテクリオスSD-5502(中周波治療器)

セダンテクリオスSD-5502(中周波治療器)干渉電流型治療器に、新しい発想から生まれた中周波の刺激方法(新プログラムモード:P-MFC)を搭載しました。 中周波のやわらかい感覚だけでなく、干渉波の力強い感覚も加えることで、刺激慣れを少なくし、治療後の刺激感も持続します。

従来よりも軟らかいカップの採用で、吸引力を低く抑えられ、吸引痕の低減のみならず装着のし易さとフィット感も向上しました。また、スポンジのホールレス化により、耐久性のアップと、新カップと相まって吸引痕の低減が期待できます。

誤操作防止のため、使用頻度の少ないスイッチはパネルカバー内に収められています。極数を切替式にし、治療方法が異なる患者さんへのスムーズな設定変更を実現しました。導子の組み合わせをセットオプション(4種類)とすることで、治療方針に合った選択が可能です。

横幅は420mmにまで絞込み、スペースの効率アップに貢献します。また、デザインキャスターを新たに採用し、移動も手軽に行えます。新規開業される室内にも、既存の治療室へも溶け込む、白を基調とした清潔なイメージを印象づけるカラーリングです。

最も厳しいEMC基準であるクラスBに適合、複数のセンサを装備した制御回路を搭載し、安全性に配慮しています。

インテレクトモバイルUS(超音波治療器)

インテレクトモバイルUS(超音波治療器)超音波治療器インテレクトモバイルUSの製造元、米国チャタヌーガ社は、理学療法機器のトップメーカーとして全世界に理学療法機器を供給してきまし た。今日まで世界中のセラピストからの要望に沿える治療器を作り続けており、超音波治療器インテレクトモバイルUSもその一つとして「New World Standard」(世界標準機)としての揺るぎない地位を築いてきました。

  • 治療のしやすい超音波導子
    人間工学を駆使し、施術される方が操作しやすく長時間の治療でも疲れにくい形状です。
  • 症例別の治療プログラムが設定可能
    クリニカルプロトコールにより、適応した症例プログラムを自動的に設定することが出来ます。治療には3MHzと1MHzの2種類の周波数を使用し、治療中に変更することも可能です。
  • バッテリー(オプション)が装備でき軽量でコンパクト
    バッテリーの採用でいつでもどこでも治療する場所と時間を選びません。また軽量なので持ち運びが楽になりました。
  • 専用架台(オプション)の装備
    専用架台の採用により院内での自由自在な移動が可能になりました。

AQUACUBE

3Dウォーターマッサージベッド

AQUACUBEウォーターマッサージベッド

肩専用Cubeノズルで
3次元アプローチが実現!

Cubeノズルが僧帽筋上部をしっかり刺激!

Cubeノズル

国内の有訴者の症状別でみると「肩こり」・「腰痛」が上位を占めています。(※厚生統計要覧(平成26年度)による)

一般的に肩こりといわれている頸肩腕症候群治療に効果がある経穴は「肩井(けんせい)」と、その肩井が位置する僧帽筋上部です。アクアキューブは新技術を投入し、従来器の下からの水圧刺激のみでは不可能だった「僧帽筋上部」への刺激を可能にしました。

Cubeノズルイメージ図

最大6ノズルの組み合わせによる刺激

Cubeノズル2本は、僧帽筋上部を刺激します。それ以外の4本のノズルは刺激範囲に変化を持たせながら全身を移動していきます。また4本のノズルの内、2本のノズルによる水圧は、より集中的な刺激を体感できます。

最大6ノズルの組み合わせによる刺激

メリハリの聞いた6種類のマッサージ刺激

「もみ」、「たたき」、「ほぐし」、「さすり」、「のばし」、「おし」の6種類の手技に見立てた水圧刺激をより効果的にそして心地よく体感していただけるように、ノズルの改良、スピードの強弱、吹き出し間欠の割合などの改良を行ったキューブモード(8種類)と従来のノーマルモードを使用されているユーザー様に対応できる従来モード(8種類)と計16種類の治療モードが完成しました。

6種類のマッサージパターン(イメージ図)

まるで手技のような心地よさで、様々なお好みにこたえる多彩なマッサージパターン。

6種類のマッサージパターン(イメージ図)

船酔い防止機構で快適に治療を受けられます。

水圧マッサージ最大の欠点は、刺激強度が増して頭部が動くと同時に、船酔い現象を引き起こす可能性が高くなることです。船酔い現象は、「目からの情報、内耳で感じる平衡感覚、体を動かす筋肉からの情報」などがうまく統合できなくなり、自律神経が興奮して起こると考えられます。アクアキューブは、バリアの下に設置した船酔い防止機構で身体全体の揺れを、キューブ用枕による船酔い防止機構で頭部の揺れを、それぞれ最小限に抑えます。

サイドグリップとベッド上部カバーが乗り降りの負担を軽減

乗り降りの負担を軽減するために、乗り込み部は高さ51cmに設定しています。サイドグリップとベッド上部カバーにつかまる部分を設けました。船酔い防止機構により、座位から背臥位に移行する際などもベッドの揺れが少なく定位置への移動が楽に行えます。

サイドグリップ

高い視認性と操作性

設定変更頻度の高いメニューを表示

[操作画面]

治療中に設定変更頻度の高いメニューのみを表示させることで視認性が高まり、瞬時の対応ができるようになりました。

[操作画面]

設定画面は、環境設定、ユーザープログラムの組込みなどが行えます。

環境設定、ユーザープログラムの組込み

操作パネルは4ヶ所に設置可能

操作パネルは4ヶ所に設置可能

操作パネルは設置場所に合わせて4ヶ所自由に設置可能です。また操作パネルの向きを45°毎に角度設定できます。そして操作する方の目線に合わせた使いやすい高さに設計されています。

院内のインテリアに合わせたカラーを選べます。

本体に付属する「枕」、「バリアカバー」、「ウエイト」は標準色のブルーの他に、オプションカラーバリエーションを3種類揃えています。

AQUACUBEカラー

仕様

寸法(mm) 2,330L×840W×950H ※ただし乗込部高さ510mm
質量(kg) 260kg (注水時490kg)
消費電力 4.5KVA(単相) 4.2KVA(三相)
安全装置 過電流保護装置、漏電保護装置、過熱防止装置、警報装置、モータ過負荷防止装置
認証番号 227AIBZX00032000(単相)
227AIBZX00033000(三相)
クラス分類 管理医療機器 特定保守管理医療機器

物療機器一覧

物療機器 医療機器なら株式会社 理研メディカル 理学療法機器、医療用品、健康機器、開業支援
まずはお気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問合わせ

tel: 092-593-4111
お問い合わせ、無料資料請求はこちら