プロテックⅢ


FMT浮腰式腰痛治療器プロテック

NASAが選んだ宇宙飛行士の腰痛治療法とは


無重力で腰に負担がないはずの宇宙飛行士は腰痛に悩まされます。無重力による筋肉の急激な低下と、骨格の不整配列が原因ではないかと言われていますが原因は解明されていません。宇宙飛行士は腰痛予防のために宇宙船内で運動療法を行っています。世界最高水準の知が集結するNASAが選んだの腰痛治療法は、牽引を行なうことではなく、運動療法を行なうことでした。


FMT浮腰式腰痛治療器プロテックとは

腰痛治療器プロテックは椅子に座ったままで、全体重の60%と言われている上半身を抱え上げた状態で固定し、 腰部から上半身の重さを取り除き、椎間板内圧を下げ腰痛を緩和させることができます。さらに痛みのない状態で腰部・下肢部等の運動療法・モビライゼーションストレッチを行うことができます。この最新の腰痛治療法はFMT腰痛治療法と呼ばれています。
FMT浮腰式腰痛治療器プロテック
本当に治療効果があるのか、本当に簡便に治療が行えるのか、本当に設置できるのかは実際にプロテックを試用してお確かめください。

重力除去法と腰部の強制牽引療法の違い

  • 重力除去療法

    重力除去療法

    上半身をしっかりかかえ上げ、腰部に上半身の重さがかからない(椎間板内圧を下げた)状態にし、下肢部の運動療法を行う浮腰式重力除去療法。

  • 牽引療法

    牽引療法

    腰部を強制的にひっぱり伸ばす牽引療法。

どのような先生方が腰痛治療器「プロテック」を採用しているのか?

牽引治療には効果がないとお考えの先生で、患者さんのために、本当に効果のある腰痛治療法を真剣に探されていた先生方から採用をいただいております。特に腰痛治療に関して、さまざまな勉強や研究をされてきた先生方からは圧倒的な支持をいただいております。また導入後にはその高い治療効果に関してご報告をいただいております。

腰痛治療器「プロテック」のよくある質問

Q. 急性腰痛の治療は行えますか?
A. 腰から下肢部を宙に浮かすことで痛みを緩和させることができますので急性腰痛の患者さんに使用できます。これまで報告を受けた中ではたった1回の治療でペインスコアが10から0になった例もあります。
Q. 高齢者でも使用できますか?
A. これまで報告をいただいた中の最高齢の患者さんは91歳でまったく何の問題なく治療が行われています。これまで重篤な合併症の報告は1例もありません。
Q. 設置するスペースがありませんが大丈夫でしょうか?
A. プロテックの設置面積は幅60センチ×奥行き100センチです。およそ新聞紙1枚の大きさです。
Q. 「プロテック」を導入するとスタッフの負担が大きくなりませんか?
A. 患者さんを浮かせた状態で治療が行えますので施術者の負担はありません。また、運動療法を行うことより効果的ですが、患者さんにプロテックに乗っていただくだけでも治療が行え、また患者さん自身に効果を実感していただくことができます。
  • FDA(米国食品医薬品局)取得
  • CE(欧州医療機器)認可
  • アジア諸国(医療機器)認可
  • HSA・kFDA・TFDA etc

椎間板の除圧作用順序 3D動画

詳細はご説明させて頂きます。まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL 092-593-4111

▲ページトップへ

物療機器一覧

テクノリンク ミナト医科学(株) 伊藤超短波(株) (株)日本メディックス OG技研(株) (株)大島製作所 (株)ウイン (株)チュウオー (株)オンパー商工 東京医研(株) (株)シラック・ジャパン (株)メディカ 酒井医療株式会社 株式会社タオ その他

健康機器一覧

その他一覧

中古医療機器に関する情報サイト