フレックスチェア SD-100F


商品説明

【脊柱弯曲運動を正常化して疼痛緩和を図るSD療法(Spine Dynamics)】
脊柱の弯曲運動には「末梢関節への運動連鎖を起こす機能」と「運動時の衝撃を吸収する機能」という2つのはたらきがあります。弯曲運動に異常が生じると、脊柱の動きを補うために末梢関節にストレスがかかり、疼痛が生じてしまいます。また、衝撃吸収機能の低下は、体幹・四肢運動連鎖の破綻による筋出力低下を引き起こします。理想的な脊柱とは、脊柱が弯曲し、その脊柱を筋肉で支える「筋性支持」の状態です。体力低下等により筋力が衰えると、脊柱の弯曲を失い、脊柱を骨で支える「骨性支持」へと変化します。骨性支持状態になると脊柱弯曲運動に異常が生じ、疼痛や筋出力抑制が起こります。この脊柱弯曲運動の正常化をはかるのがSpine Dynamics(SD)療法であり、姿勢制御機構の正常化につながります。

 

商品規格

仕様

  • 【幅】 875mm
  • 【奥行き】 595mm
  • 【高さ】 790~860mm
  • 【重量】 16Kg
  • 【座面傾斜角度】20°
  • 【座面高さ】430~500mm

 

仕様

 

  • 座面が360°全方向に傾斜するため、骨盤帯につながる筋のリラクゼーション及び脊柱弯曲運動を引き出すことが可能です。
  • グリップを握ることによって頭部の動きを抑え、正しい骨盤運動が簡単におこなえます。
  • 座面の動作スピードが調節できるため、無理のないスピードで運動がおこなえます。

 


詳細はご説明させて頂きます。まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL 092-593-4111

▲ページトップへ

中古医療機器に関する情報サイト